Menu

 >
700 467

雪化粧の細尾発電所

栃木の山奥に眠る、古いレンガ造りの発電所跡。 鈍(にび)色に染まった壁面が、風雨に耐え続けてきた時の長さを想わせる。 私が廃墟探索を始めるきっかけにもなった、思い入れのある場所。 貴方にはやはり、雪が似合う。 探訪日:2016年2月上旬...

 09, 2016   0
廃墟名: 細尾第一発電所
所在地: 栃木県
種類: 産業遺産 発電所
700 467

【通洞動力所】終わる世界

関東でも屈指の豪雪地帯である栃木県足尾町。 足尾銅山の閉山以後この動力所も長年の雪の重みに耐えてきたが、 もはや柱折れ、窓枠は歪み、屋根は抜け落ちてしまった。 降る雪の量を思えば、もう余命幾許もないだろう。 日本を代表する鉱山の歴史がまた一つ、終わろうしている。...

 04, 2015   0
廃墟名: 通洞動力所
所在地: 栃木県
種類: 鉱山
700 467

ブルースカイ 暗晦(あんかい)の窓辺

じっと、終わりの時を待つ。...

 17, 2013   0
700 467

ブルースカイ 二階~生還

結局頑張って二階に上ってきた。しかし何もない… 奥にあった部屋もご覧の通り。 出るとされるオーナーの霊が成仏してしまっても、 肝試しグループがここでヘタこくことで霊をいくらでも補充できるという親切設計。 さて一階に戻りますか…。木漏れ日が奇麗だなぁ… う~ん… ………( ^ω^) 何とか無事に一階に到着 ヽ(・∀・)ノ 外界の緑が廃墟の闇とコントラストになって美しい。...

 14, 2013   0
700 467

ブルースカイ 奈落への階段

さて、それでは二階に…と行きたいところだが なんということでしょう! 骨組みだけじゃないか… 上の方も板が完全に腐ってしまっている。どうするか…...

 12, 2013   0
700 467

ブルースカイ 一階円形テラス

入り口を抜け、内部へと足を踏み入れる。 奥の半円形のテラスは緑で覆われ、部屋に幻想的な光を投げかけていた。...

 09, 2013   0
700 467

ブルースカイ エントランス

心霊スポットとして地元では有名なため、破壊の限りが尽くされていた。 内部の破壊のすさまじさが、入り口に立っているだけで伝わってくる。...

 06, 2013   0
700 467

【探索レポート】レストラン ブルースカイ 外観

川を挟み、目的の廃墟が見えてきた。 完全に緑に飲み込まれてしまっている ようやくここまで辿り着いた。草をかき分け、中に入ってみよう。 (続く)...

 04, 2013   0
700 467

細尾発電所 探索レポート

前回のエントリに引き続きこれまた「2007年5月」探索という大昔のネタの記事だが、当ブログにバイク成分が著しく不足しているため、無理矢理載せてみた。あいにくの天気。廃墟写真と言っても、この頃は単なる記録撮影が主で、バイクにビニールが下がっていたりするのが何とも。入り口からそっと中に入る。写真中央に見えるのが、入ってきた入り口。中は資材置き場となっていた。どうもここは恒常的に資材置き場として利用されてい...

 05, 2012   0
廃墟名: 細尾第一発電所
所在地: 栃木県
種類: 産業遺産 発電所