Menu

 >
700 467

【RM男鹿】半島の残念マンション【オリジナル物件】

男鹿周遊ツーリングの帰り道に、ホテルにしては小さすぎるし、集合住宅というのも場所柄おかしい――そんな周囲から浮いている奇妙な建物が見えて思わずバイクを止めた。 一体なんだろう? と建物に近づく私に、落ちていた看板が衝撃の事実を告げる。リゾート……マンション、だと……? 正気か……? まぁ正気ではなかったからこその、この結果なのだろう。男鹿といえば崖っぷちでなまはげがイカ焼...

 26, 2017   0
700 467

【H閣】忘れられた温泉郷に眠る龍【オリジナル物件】

龍の名を冠する城郭風ホテル。銀色のアルミサッシがどうしてもチープさを醸し出してしまうが、それ以外は中々頑張っていると思う。堂々とした佇まいもGood。 お、県特産のいぶりがっこではないか。 どこの温泉町にも言えることだが、ここも例に漏れず廃墟化している建物はこれだけではない。かろうじて生きていそうなホテルも明かりがついているのはロビーだけというのが散見され、町全体に活気がまるで感...

 25, 2017   0
700 467

【男鹿プリンスホテル】その2:衰退する温泉街

(→ その1より) 客室へと続く廊下。 客室はどこもこんな感じ。内装は窓枠どころか床板すら残されていない。このホテルは客室からの展望が評判だったそうだが、それも上階の一部の部屋に限った話なのだろう、ここからの眺めはあまり良くない。 ここまで何もないと、建設途中系の廃墟と勘違いしてしまいそう。 人為的な破壊の跡がそこかしこに見られる。 ...

 24, 2017   2
700 467

【男鹿プリンスホテル】その1:秋田県最恐の心霊スポット

東北のとある寂れた温泉街のはずれに、その建物は見えてきた。 道をさらにホテルの方へ行くと、なんとバスの停留所があった。当然今は運行されていないが、当時はその必要があったほど人がいたということだ。この冷たい雨のしとつく寂しい通りを歩いているとそんなことはとても信じられず、バス停の存在自体がとても異様に感じられる。 ホテルの正面までやってきた。 こ...

 23, 2017   0
700 467

お食事処 桜島・桜島苑

男鹿を一周する道路にあるドライブイン。 ここからは遊覧船も出ていたみたいだが、ちょっと待て……右の店は…… あれ? 俺子供の頃ここで飯食ってた……? そこはかとなく記憶が…… だが内部は探索するにはもはや暗すぎて、ここから記憶を思い起こすことは不可能だった。(写真では明るく見えるが肉眼では真っ暗) 当時は特に気にも留めずただ連れてかれた店で飯を食って...

 22, 2017   0
700 467

八望台をもりあげる店(食事処ふじた・なまはげ食堂)

「全く盛り上がっていない」と来訪者総ツッコミの物件がこちら。 意気込みは伝わってくるのだが、その反面これを見た誰もが「ああ、ダメだったんだな……」と何ともアンニュイな気持ちをプレゼントされるという、ちょっぴりセンチな廃墟。 森の中を抜ける快走路でツーリングロードとしてもまずまず、男鹿半島を一周する上でも無理のないコースで交通量もそれなりにあると思われるのだが……いか...

 15, 2017   0
700 467

寒風山の円形ロッジ

男鹿三山の一つ、寒風山へと向かう道すがら森の中に見えた奇妙な円柱形の建物――その内部には圧巻の光景が広がっていた。廃墟年齢としては既に末期で、2階へ上がる階段はおろか建物の骨組みしか残されていないが、ここの場合その事が廃墟に迫力を加えむしろ良い方向に作用している。 往時を忍ばせるものは徹底的に何もなく、ここが何だったのかを特定することは難しい。しかし辛うじて1階にはカウンターらしきものが見え、2階...

 11, 2017   2
廃墟名: 寒風山の円形ロッジ
所在地: 秋田県
種類: ホテル
700 467

【天風ホテル】シュルレアリスムの廃墟

東北にある、特徴的な絵画が描かれた看板群が面白いラブホテルの廃墟。 これだ、これが見たかったのだ……! 明らかにシュルレアリスムの影響を受けている独特のタッチと画面構成。女の顔が見えないというのが殊更女の艶かしい肉体を強調し、その作画意図に色々と想像が膨らまされる。こうして実物を生で見ていると、絵から発する奇妙な不安感が、廃墟という特別な空間に意図せず置かれたことでさらに高いレベル...

 10, 2017   0
廃墟名: 天風ホテル
所在地: 秋田県
種類: ラブホテル
700 467

【Gシステム】盛者必衰の理

店舗群の裏側には会社の事務所と思しき建物があった。 うむ、このGシステムという会社が運営母体で間違いないようだ。 これぞ「昭和ニッポンの会社一式セット」って感じだな! 扉も木目で高級感があって良い。 事務所の奥の倉庫には客寄せ用の着ぐるみが……。ゲームセンターということもあるだろうが、遊園地でもないのに客寄せに着ぐるみというのが何とも田舎っぽい。 ...

 29, 2017   2
廃墟名: Gシステム
所在地: 秋田県
種類: 会社事務所
700 467

【ビッグドン】静かなるイオンの犠牲者

次はもう一つの店舗「ビッグドン」を見ていこう。ちょっと出っ張っている箇所はローソンが入っていた所らしい。※1 エントランスから入って左には漫画喫茶が入っていた。この状況にも関わらず営業中らしい、さっそく行ってみよう。 ……(#^ω^) エントランスの反対側には「いち麺」という麺処が入っていた。 ゲームしてマンガ読んで、小腹が空けばここ...

 28, 2017   0
廃墟名: ビッグドン
所在地: 秋田県
種類: 商店
700 467

【アミューズメントどんどん】時代を築いたゲーム達

「この店かしや(前回記事参照)」と同じ敷地内には「アミューズメントどんどん」というゲームセンターと「ビッグドン」という24時間の大型食糧量販店が併設されていた。まずは前者から見ていこう。 ……と思って「どんどん」の裏側に回ってみればこれである。ぺちゃんこに潰れて映画のセットみたいなハリボテの状態になってしまっている。温暖化が進んだとはいえ、まだまだ秋田のこの辺りは豪雪地帯なのだ。 ...

 27, 2017   0
700 467

【この店かしや 協和店】過疎の町 秋田

2014年のゴールデンウィーク末。母方の実家への帰省を終え、東京に戻るべく国道13号線を大曲方面に向けてバイクを走らせていると、何やらとても懐かしい店が廃墟になっているのが見えて思わずバイクを止めた。 ここは「この店かしや」という秋田のローカルショップで、菓子類に特化した大型のディスカウントストアだ。世間一般にはご存じない方も多いだろうが、秋田県民には良く知られている店である。ちょっと...

 26, 2017   0
廃墟名: この店かしや 協和店
所在地: 秋田県
種類: 商店