Menu

700 467

雲上の楽園を臨む

松尾鉱山「雲上の楽園を臨む」 with GN125H

永い旅の果てに辿り着いた場所。
その昔「雲上の楽園」とまで呼ばれた理想郷。

しかし、今やかつての栄華はどこにも覗うことはできず、辺りには荒涼とした高地が広がっている。
コンクリート製の住宅群だけがまるで隆盛の時代の墓標のように、何も言わず、ただじっと立ち尽くしている。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

関連記事

2 Comments

ponichi  

松尾いいですねえ!廃墟やってるうちに
ここだけは必ず!って思う場所です。

ちなみにバイク、スズキのGNですか?うーんシブイです!
私の上司がGNをカスタムしまくって原型なくしてる状態なので
かえって新鮮に感じますw

2012/05/29 (Tue) 23:06 | EDIT | REPLY |   

Director  

まさにそう思ったので、廃墟好きになってその年のGWに
帰省を兼ねて行ったのがこの写真ですw
もう五年も前になりますか。

バイクはGNですね~。廃墟探索はいつもこのバイクで六年乗ってます。
自分は原型なくせるほどいじる技術がないので、
上司さん楽しんでそうで羨ましいです^^

2012/05/30 (Wed) 09:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback (FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【雲上の楽園を臨む】
  • [廃墟] ブログ村キーワード永い旅の果てに辿り着いた場所。その昔「雲上の楽園」とまで呼ばれた理想郷。しかし、今やかつての栄華はどこにも覗うことはできず、辺りには荒
  • 2012.05.28 (Mon) 10:57 | まとめwoネタ速neo